性行為をした後に性器や喉に異変を感じたら性感染症に感染しているかもしれません。

性行為を行う年齢が下がってきていることもあり、無知な状態で複数の相手と性行為をすることで性感染症に感染するケースも増えてきています。

まずは性感染症にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

性病の危険

クラミジア

性感染症はさまざまなものがあります。性感染症の中でも代表的なものとしてはクラミジアが挙げられます。

クラミジアは男女ともに感染者数が多いです。男性が感染すると尿道炎などの症状が出ることが多いです。一方で女性は症状が出難く知らない間に症状が悪化していくので注意が必要です。

排尿時に痛みや痒みを感じたり、尿道から水っぽい白い膿が出てきます。

性器ヘルペス

性器ヘルペスも感染者数が多いですね。性器ヘルペスは急性型と再発型があります。急性型の場合は初めて感染した場合に発生することが多く、主に性行為によって感染します。

再発型とは一旦症状が治まった後、性行為をした後や疲労が溜まってきたことなどによって再び発症することが多いです。

梅毒

性行為をすることで梅毒にも感染することがあります。梅毒においては症状が見えない潜伏期と症状が現れる顕在期間が交互に現れるのが特徴です。

梅毒に感染した場合は感染後3週間前後くらいに性器周辺に痛みがないシコリみたいなものができたり、太股の付け根付近のリンパ腺が腫れたりします。

その後症状が治まってきて放置しがちになりますが、その後に全身に発疹が現れてきたり発熱や頭痛が出るので早めに病院で治療をしましょう。

淋病

淋病は性行為によって感染しますが、風呂場やトイレ(便器)からも感染することがあります。

潜伏期間としては大体2~7日程度です。尿道部分に痒みを感じたり、排尿時に性器の先端部分に痛みを感じます。その他には尿道から粘りがある膿が出てくることもあります。

ケジラミ

ケジラミに感染する恐れもあります。ケジラミはウイルスではなく小さな虫です。陰毛部分に住み着いて卵を産みます。

ケジラミに感染している相手と性行為をすると、ほぼ100%感染すると言われています。また、性行為以外にプールやお風呂などでも感染することがあります。

HIV

HIVに感染した初期の段階では症状がほとんどありません。まれに喉の痛みやリンパ節の腫れなどを現れることもありますが、1~2週間で症状が治まります。

その後時間をかけてウイルスが侵食していき、感染してから7~10年ほど経過すると免疫力が極端に低下して、さまざまな病気にかかるようになっていきます。

性病検査を受けよう

もしあなたが上記のような症状が現れているのであれば、できるだけ早く性病検査を受けるようにしましょう。

性病検査は大半の病院で実施しています。男性なら泌尿器科、女性なら産婦人科で受けることができます。

病院で検査を受けるのが恥ずかしいと感じるのであれば、性病検査キットを利用するのも一つの方法です。

性病検査キットとは自宅で簡単に検査ができるキットのことです。当サイトでも性病検査キットに関していくつか紹介をしているので、興味がある方はぜひチェックして下さい。